多汗症が原因で生活の質を落としているという人は、手術や治療によって症状を軽減することができます。人間の体は、緊張や体温調整のために汗をかく機能が備わっていますが、多汗症の人は発汗量があまりにも多くて、日常生活に支障を来すほど汗をかきます。

手汗で物を持ちにくくなったり、着替えを何枚も用意しなければならないと不便ですので、多汗症の治療を受けるという人もいます。汗をかくことは人間誰しもあり、量の多さは病気というより体質なので、市販薬で治せる類いのものではありません。多汗症の場合、病院へ行くといきなり手術を勧められるということはありません。手術をせずに治療ができればそのほうがいいためです。汗を出にくくする薬や、緊張を和らげる薬などでしばらく様子を見ます。汗の量がそれほど多くない場合は、塩化アルミニウムの制汗剤を処方されるということもあります。汗をよくかく季節になるとボツリヌス菌を注射して神経の働きを抑制することで、一定期間、発汗量を抑えるという治療法もあります。注射や薬の服用で有効な打開策が見つからなければ、多汗症の手術を受けるということになります。汗をかかないように交感神経の機能をとめる外科手術を行うという方法が一般的です。この手術を行えば、ほぼ永久的に多汗症からは解放されることになります。症状の程度や、どのくらいの治療を希望するかによって手術を受けるかや、どんな治療をするかを決めることになります。
http://www.shimojapanesechins.nl/