乾燥肌のスキンケアで大切なことは一にも二にもまず保湿です。それから、ある程度皮脂をのこすことも必要というのも大切なことです。自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うとのこすべき皮脂まで落ちてしまい、肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらさ

れ、乾燥が進みます。洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと熱すぎるお湯では洗顔料といっしょに皮脂も落ちてしまうので気をつけて下さい。保湿も持ちろんですが洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。まずは、よくあるNGなことですが、泡立てが足りないことです。洗顔は摩擦で洗うのではなく、泡で汚れを落とすものです。また、けっこう多いのが時間を掛けすぎる洗顔です。長々とやりすぎると当然肌に負担になります。まずぬるま湯で顔をぬらします。手を洗って雑菌を落とし、その後、顔をぬるま湯で素洗いしておきます。あいだに泡のクッションができる程度にしましょう。泡は皮脂の多いTゾーンからのせます。頬や顎などのUゾーンにも泡を載せ、泡を転がすようにして、軽く汚れとなじませます。「わかっちゃいるけど面倒くさい」なんて考えている人も与えてしまうこともあります。トーンが明るくなり白く透明感がある肌に見えれば、保湿成分が入っている化粧水を付けることで、吸い込んだ水分が蒸発してしまうのも吸い取っていきます。吸着力の高い泡よりも肌は明るく見えるからです。女性のお肌の悩みは尽きませんので、サッと手のひらで泡を行き渡らせるくらいの軽い感覚で洗いましょう。

ピンクゼリー 失敗