うちでは主人と相談して、子供が風邪引いた時は小児科に連れて行っています。鼻水だけなら耳鼻科でも思ってしまいますが、小児科の方が流行っている子供の病気に詳しそうと思って、そうしています。

大体、小児科で風邪薬飲んで、熱や咳などの症状が治まったのに鼻水がなかなか治らないとなってきます。小児科でも引き続き鼻の飲み薬が処方されますが、うちでは思い切って耳鼻科に連れていくようにしています。小児科の診察では聴診器で胸の音を聞いて、喉の奥を見て、耳の中を覗いて中耳炎になっていないかの確認します。しかし、耳鼻科では耳の中を覗いて、鼻の中も覗いて、喉の奥を見ます。そして、うちが行っている耳鼻科では鼓膜の検査をします。私はしたことがないので分からないですが、看護師さんが子供に「ブーンと音がしますよ」と言っています。両耳を検査すると、グラフが印刷され、鼓膜の動きが少し弱いと言われ、滲出性中耳炎と診断されます。風邪引いて、鼻水をいつまでも垂らしていると、耳の方にばい菌が移動してしまったことが原因のようです。子供は特別に耳が痛いということはなく、1週間分の飲み薬を処方されました。きちんと飲みきって、1週間後に再診に行くと、また鼓膜の検査をします。すると、まだ治っていないと言われ、同じ薬を今度は1カ月分も出されました。もう鼻水も治ったのにと思いましたが、頑張って飲ませました。そして、また再診して、鼓膜の検査をしたら、やっと正常なグラフになったと言われました。なんだか、この鼓膜の検査に振り回されているようにも思いましたが、やはりほっておいて耳の聞こえが悪くなっては困るので、この病院に診てもらってよかったと思いました。鼻水が耳に行かないようにと、その後、風邪をひいた時はせっせと鼻をかませるようにしたり、鼻吸い器で吸ったりしましたが、風邪の後は何度も滲出性中耳炎になりました。そのたびに1か月も薬を飲ませ、身体に悪いのではないかとも思いましたが、薬局の人にも滲出性中耳炎はみんな数カ月薬を飲むし、小さいうちは何度もかかるわよとなぐさめられました。最初に診断されたのは2歳でしたが、5歳になる頃には風邪の後に鼻水が出ていても、鼓膜の検査で異常はありませんでした。抗生物質5日処方され、滲出性中耳炎にはなりませんでした。田七人参の通販は効果が高く格安な薬日本堂nu有機田七人参