歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
歯の黄ばみを落とす

 Tags: