京都は大好きで首都圏からでも年に1、2度はカミさんとともに京都の観光旅行に行っています。 京都は春夏秋冬観るべきところは沢山あります。神社仏閣の古社や古寺巡りもいいですが、秋深まった紅葉の時期やサクラの咲き競う季節もいいモノです。 何れも有名寺院と一緒になって巡るのがいいでしょう。

そして、京都好きな所と言ったら私自身は東山界隈がとってもいいですね。 足利義政が開いたという銀閣寺の東山文化は、日本の今現在の生活様式を決定的にしたところとも言われていて、歴史と由緒を感じます。 其の中でも好きなのが春になるとサクラが咲き誇り、川端には桜のトンネルが出来る東山の「哲学の道」は最高でしょう。

東山地区の風流な哲学の道は、歩行用としては「日本の道100選」にも選ばれていて、その道程は銀閣寺から若王子神社までの琵琶湖から南禅寺を跨いで引いたとされる疎水に沿った小径です。

ところで銀閣寺は室町期の足利義政が、義満の建立した鹿苑寺の舎利殿(金閣寺)を模して造営したとされ、正式な名称は東山・慈照寺観音殿と称していて、古都京都の文化財としては世界遺産に登録されています。

そして、銀閣寺という名前はこれら観音殿を含めた寺院全体を銀閣寺と称しています。 尚、京都には三閣と呼ばれる建物があり、此の銀閣を含めて金閣、飛雲閣(西本願寺)がそれに当たります。 因みに、金閣はその名の通り金箔で覆われていますが、此方の銀閣には銀は使われていないとされています。

紅葉を楽しみ、足湯で休憩、夜は和の風景を楽しむ京都旅