田舎暮らしをしていくための準備中

私は日本の田舎でおもてなしを大事にするゲストハウスを開業することが夢です。このように思ったのは、幼い頃からあまり家庭環境に恵まれていなく、「世界で一番不幸だ」と幼いながらに思ったこともありました。毎日が辛く、この冷え切った家から早く逃げ出したいというのが私の目標でした。
Read More

テレビ番組の手話

最近は、手話通訳付のテレビ番組が増えてきました。私たちの地域でも、県の広報番組への手話通訳派遣を毎週行なっています。テレビの手話通訳についても、事前の準備が鍵になります。私たちの地域では、行政の広報番組の場合、手話通訳以外の映像や音声など、ビデオテープの編集を済ませ、最後にワイプで手話通訳を挿入する方法が一般的です。ですから、番組の台本はもとより、編集済みのビデオテープをその番組を担当する手話通訳者に事前に、それも、できるだけ時間的余裕をもって、渡せるように関係者に協力を求めていきます。
それと、行政の広報担当者、テレビ局のスタッフなど、番組制作にかかわる関係者とのチームワークが大切にしていきます。手話通訳者がただ単に番組の通約をするというだけでなく、番組を作るスタッフの一員として、良い作品作りのために積極的にかかわるという姿勢をもつということです。関係者に手話通訳について理解してもらい、互いに意見を出し合いながら作業していくことを心がけます。
http://www.ice-ice-baby.net/

母子家庭の恋愛事情

私は、2年前に離婚をしました。離婚理由は、まあまあ壮絶な物でした。

元旦那の酒乱・暴力・たびたび重なる転職により、私の精神も肉体もボロボロでした。

私はこのままで自分の人生を終わらせたくなかったですし、子供たちも毎日の夫婦での喧嘩を聞いて

心が病んでいたのでこのままではいけないと思い、離婚に踏み切りました。

Read More

新築マンションへの引っ越し作業について

千葉県の賃貸マンションから東京都内の新築分譲マンションへの引っ越しの際、引越し業者さんにお世話になった時のお話です。

新築で相当数の件数をこなすこともあって、多少不本意ながら入居の順番も不動産会社に決められていました。 Read More

引越しにおける断捨離

私は現在26歳なのですが、4年前都内の大学を卒業を機に地元の高知県へ帰ってきました。

東京では7畳の1Kで一人暮らしをしていました。その部屋には、洗濯機や冷蔵庫と言った一般的な家電の他に40インチのテレビやそれ専用のテレビ台が置いてあり部屋は狭く感じていました。また自転車も持っていました。
Read More

女子ひとり 格安引っ越し業者を選んだ結果

初めて自分で業者を決めて引っ越しをしたのは、20代前半のフリーターの時でした。

引っ越しにいくらかかるのかも分からず、世の中の相場も知らず、とにかくお金がなかったので、友人が教えてくれた一番安い引越し業者にお願いすることに。 Read More